はじめてのLED自作に必要な部品と工具の調達

<ダイオード等の電子部品の調達>

これが私のLED自作に使う電子部品セットです。
細かい部品ばかりなのでパレットに入れて整理するといいです。私は後で個々の部品がなんなのか分からなくならないように、部品ごとにメモ書きを残しています。
特にLEDなんかは定格電圧や電流、発光色、光の拡散アングルなど、買ってしばらくは覚えていますが、時間が経てば必ず忘れてしまいますのでメモ書きがあると後で助かります。
で、こんなマニアックな部品をどこで手に入れるかですよね!?普段生活していてあまり見かけないものばかりだと思います。ホームセンターによっては多少なりある所もありますが、さすがにLEDの仕様などの詳しい記載がされているのは見た事がありません。せっかく一から自作するのですから特にLEDの仕様にはこだわりたい所です。なので私はこういった部品は主にネットで仕入れます。近くに電子部品屋さんもあるのでそちらで購入する時もありますが、仕事が休みの日にしか行けないので、そのお店を利用する機会はごくわずかです。
下記に私がよく利用する電子部品屋さんのリンクを貼っておきますので、調達にお困りなら一度のぞかれては如何でしょうか。送料もメール便や定形外を利用すると負担が少なくていいです。私は送料を考えてまとめ買いするようにしています。
LEDパラダイスさん
全般的に値段がお手ごろなので、私はこちらをメインに利用させて頂いてます。
田中商会さん
こちらもお勧めで、特にLEDにこだわりたい時はこちらを利用させて頂いてます。私のアドレスV125の爆光テールを自作した時はこちらでLEDの調達をしました。
↑↑お店の方へ もしもリンクに不都合等がございましたらご連絡ください。その際はすぐに消すなり対応させて頂きます。

<LED自作に必要な工具類>

半田ごて
絶対、必要です。これがないと自作は始まりません。
私が使用しているのは40Wの製品ですが、先端がもうワンサイズ小さな20W程度のものを選ぶ方が細かい作業がやりやすいと思います。
ただし、全波整流のページで紹介したステーターコイルの半田付けになるとW数的に厳しいかもしれないです。
私のものでもちょっとキツかったのを覚えています。
電子部品の組み立て使用に限定するなら20W程度の先端が細いヤツの方がいいと思います。
ハンダ こて台
必需品。ないと家が燃えてしまいますよ。(笑)
クリーナー付が絶対におすすめ。
クリップ付スタンドルーペ
これを含めた上記3つが半田付け作業工具の三種の神器。最初、これなしでやっていた時期があったのですが、かなり辛かったです。右手に半田ごて、左手で対象を固定、口ではんだをくわえて付ける…。煙が目に入るは左手は熱いはと過酷な状況でした。(^_^;)
電装関係全般に使用しますのでLEDの工作のみならず、電装品の車両への取り付けなど配線作業にはなくてはならない存在です。

ロブスター(ロブテックス)電工ペンチ(写真上)
FK−1(職場用)
マーベル電工ペンチ(写真下)
600−A(自宅用)
2本ともメーカー違いの色違いなだけで多分、ものは全く同じです。切る・圧着・剥く等の作業が可能です。どちらも数種類の形状がラインナップされているので、自分の使用目的により先端形状を選ぶといいです。私がこのモデルにしたのはまず、一番先端で配線のカットが可能なこと、次にギボシ端子を良く使うのでその圧着が先端から2番目でできること。後は手前側で裸圧着端子のカシメができる事。この3つが私なりのポイントです。ちなみにボルトカッターとワイヤーストリッパーは付いてて当たり前なので特に気にする必要はないでしょう。


ブレッドボード
自作回路の作動テストやLEDの定格電流等の実測に必要。
ジャンプワイヤー
ブレッドボード上での回路作成にあると便利。
複雑になればこれが必需品に。
AC→DCアダプター(12V、1A出力)
ブレッドボード電源に必要で加工して使います。コードの先端部、ピンジャックを切り落とします。ダブルコードになっているのでそれぞれの先端を配線加工してミノクリップなどを取り付けるといいです。通常、プラス+側は黒のコードに白いラインが入っています。
サーキットテスタ
これがないと自作回路の各種実測値がわからない。その他にもバイク整備等、いろいろと活躍の場面が多いので買っておいて損はない。
グルーガン(コードレス)
私はLED自作の最終段階でよく使います。私はグルーと言っていますが、ホットボンドという表現もありますが同じものです。ウェッジベースでLEDを作成時、基盤をベースにはめ込む前に必ずグルーを流し込みます。これは耐震対策と絶縁対策を兼ねてのことです。他にはLEDストップランプのページの最後の方の写真、テールの基盤を固定するのに使いました。私的にはコードレスで使えるタイプのものをお勧めします。コードがないために作業がしやすく野外のコンセントのない場所でも使用できるからです。

自作LED自作ウインカーインジケーターの追加
自作LEDメーターバルブのLED化
自作LEDウインカーバルブのLED化とハザード機能の追加
自作LEDストップランプとナンバー灯のLED化



QLOOKアクセス解析